未分類

昔は白だったのを塗り替えた

自分が幼少の時親は建売物件でしたが、一軒家を持っていて、一回だけ完成して、2階は子供大きくなる時作るような物だったのです。2~3年過ぎて、2階も完成したら、外壁塗装はがれてきて、ついでにぬりかえることにしたのです。そして今でこそDIYで自分でなさる人も多いみたいですが、その当時業者にやってもらうのが主だったのです。そして2階を作った業者についでに塗装も依頼して、業者にしてみるといい話みたいで、2階をつくった足場そのまま利用できて、一石二鳥でした。そして普通塗料かなり薄めるが、サービスして濃く塗っておくと業者に言われてラッキーでした。そして2~3週間経過して、その厚く塗った塗料ペラペラはがれてきたのです。そして家の外壁塗装がボロボロ日焼けの皮膚むけるよう落ちてきました。塗料濃すぎたせいです。そして後日塗りなおしてもらったのは言うまでもないことです。私の家は外壁とてもよごれてきて、見栄え悪くなっていて、業者の人に外壁塗装して直してもらおうとしたのです。そして、外壁塗装は昔は白でしたが、今度は別の色がよいといったことを家内にいられて、今度はなるべく汚い目立たない色であることと前と違った色を念頭にしてい選んでみました。そして、余汚れ目立たなくて前と違った色でいいといったことでしたし、私の家の外観にマッチしてると思って黒に基本的に塗ってもらいたいことを業者に伝え作業をしてもらいました。これ自体わたしの家そこまで怒育なく、ほんの数日で終わったのです。

コメントを残す

*